人気ブログランキング |

タグ:カフェ ( 7 ) タグの人気記事

三村珈琲店

b0133939_1312474.jpg


とても眠かったけれど

午後から
三村珈琲店に
行くことにしていた

午前中
フラワーアレンジメントをして
それが
イマイチの出来で

まあ
こんな日もあるさと




妹が一緒だったので
何年かぶりに
二人で店を目指した


たまには
ひとりじゃなくて

誰かと行きたくなる


ついでに
彼岸花を撮りたかったので

カメラも持って

霧雨のしっとりとした
空気を切って
車は走る




土曜の午後は
結構
混んでいる

大きなソファを二人占めしたけれど
すぐにお客さんがやってきて
二人席へ移動した

人がいても
せせこましくない

ちゃんと
プライベートが保てる
計算された店内で

会話を邪魔しない
BGM



この店で
一人ではできないこと

それは
ケーキのシェア


チーズケーキと
バナナケーキと
スコーンも頼んでしまった

ちょっと多い
けれど

二人で
喋る
食べる

喋る
食べる

そして
カフェオレ(私)とチャイ(妹)を
ひとくち

また

喋る
食べる
喋る

をしていたら
ちゃんと
食べきれる不思議


あっという間に
夕暮れ時になってしまって

急いで会計を済ませる


実家までは 1時間
そして
私の家までは もう1時間



この日は

夕食の準備が

大幅に
大幅に

遅れた
by michel-nano | 2016-10-02 13:27 | 三村珈琲店

三村珈琲店

b0133939_22502059.jpg


日曜の午前中は

ねらい目

お客さんがきっと
少ないから


夏の日差しに
木々の濃い緑の葉が じりじりと焼かれる
吉井町の山々の そばの清流では
川遊びや バーベキューを楽しむ
家族連れが目立つ

ああ だからか
今日は車がいつもより断然多い



お店はがらんとしていた
やっぱりこの時間にして良かった


奥のテーブルについて
蝉時雨と馬追いの歌を聞きながら
くつろいでいると

「こんにちはー」
と子どもの声

「ほろ君 居らんのんよ」

このお店の
二人いるお子さんの
弟君だ

聞くと
店の主人であるお父さんと
彼のお兄ちゃんは
インドに自転車の旅 真っ只中とのこと

「そうなんじゃー  きり君はお母さんと留守番なんじゃなー」
と返すと
なぜか誕生日を教えてくれた

近々7歳になる彼が
生まれる前から
この店に通いつめてるんだよー
私は



奥さんと弟君の
ほのぼのとしたやりとりを聞きつつ
エチオピアモカとバナナケーキを
ゆったりと待つ

スケッチブックに鉛筆を走らせ
なんだかフニャフニャの線だな
とか思いながら

そいうえは最近 絵を描いてないな
と気づく



ひさびさに
本当にひさびさに

日々の生活から
一歩離れた心持ちで過ごした


来たい来たいと
冬から思っていたのにな
すっかり
夏も深まってしまったな


忙しない日常に
少し心折れて

ひっそりと
逃れてきた今日


変わらずここにある
この店に癒されながら


でも
たぶん
変わらないものはないと
確信する


ここだって
少しずつ変化しながら
進化しながら
この
懐かしさを
しっかりと保っている

保とうと努力している

珈琲の香りを
脳の奥で感じながら
同じ部分で
そう感じた


変わる

この季節も
もうすぐ終わる
すぐそこに
恋とおんなじ密度をした

秋が
やってくる





by michel-nano | 2016-08-01 23:13 | 三村珈琲店

三村珈琲店

b0133939_19572198.jpg

スケジュールが空いたので

平日の三村珈琲店を
ひとり 訪れた

雨上がりの木々は
葉っぱを
ぜんぶ洗い流されて
裸んぼうになっている

しっとりと息をしながら
毛細血管のように
空に伸びる枝を見ながら

私も
冬の湿り気を
吸い込んだ


月曜日の昼下がりは
意外
お客さんが二組ほど居て
今日は 小学校がお休みなのか
二人のお子さんもくつろいでいた

少し賑やかな店内

私は
奥の二人席に腰かけて
本を選んで

注文した
ニルギリとスコーンを
ゆったりと待った

店に 二台ある
薪ストーブの小さい方も
赤く燃えていて

じんわりと
暖かい空気を運んでくれる

今日は
十二月にしては気温が高いから
ひざ掛けは いらないかな


運ばれてきた
紅茶とお菓子

本のページをめくるたび
小麦粉の香ばしい匂いと
苺ジャムと生クリームの甘い香りが
鼻先をくすぐる

乳白色の器から立ちのぼる
ニルギリのすっきりとした湯気を
向かいの黒いソファーに透かしてから
ひとくち

それから

スプーンで苺をすくって
生クリームをもったりとのせたスコーンに
落としていただく


ああ

ブルーマンデーを
忙しなく過ごす
世界中のみなさま

ごめんなさい


私は今
至上の隠れ家で

こんな幸せを

ほおばっています






by michel-nano | 2015-12-21 20:10 | 三村珈琲店

三村珈琲店

b0133939_12571124.jpg
友達を誘って
二人旅

旅と言っても
1時間ほどのドライブだけど

夕方と夜のちょうど真ん中の
うす青い 闇の道を走る

会話が止まらず
気がつくと店の前だった

先客はなし

「多分 夜ごはんを食べた人たちが これから来るんだよ」

その予言は当たって
私たちの後から
ひと組
またひと組と お客が来た

夏は過ぎて
少し肌寒い店内
薪ストーブはまだ
口を閉じて眠っている

一番奥のソファーを
ぜいたくに二人占めして
深々と腰をかけ くつろぐ

友達と来ると
一人で来るよりも良いことがある
別々のケーキを頼んで 半分こできるのだ

今日は
チーズケーキ
バナナケーキ

それと久しぶりの
珈琲ゼリー

あの
羽より軽いバニラアイスがのっているやつ

飲み物はそれぞれ
チャイと
東ティモールで

3時間以上 喋り通した

秋の澄んだ空気を裂いて走る車の中で
私たちの会話は
まだまだ途切れない








by michel-nano | 2015-09-22 13:25 | 三村珈琲店

三村珈琲店

b0133939_23141526.jpg
今日は職場から目指した

道無き道を通り抜けて
滝を横目に
天まで伸びる
杉の林に挟まれて

木漏れ日と影の間で
目をシパシパさせながら

苔に覆われた斜面
竹の葉がつもって滑りそう
少しでも滑ったら
すぐ谷底


森を抜けると
見覚えのある田舎道に出た

フロントガラスに
毛虫としゃくとり虫を
一匹ずつくっつけて

店の前へ


彩度の低い店内で
今日の冒険を思い出すと
本物より
色あざやかに
さっきの光景がよみがえる

アイスカフェオレを飲みながら
改めて周りを見回すと
窓の曇りガラスや
珈琲豆の入った瓶の
やさしい透明が
肌をひんやりとしてくれるようで

心臓の音も
一緒になっておだやかになって

息の整う空間
夏の午後の
この場所







by michel-nano | 2014-08-02 08:00 | 三村珈琲店

くらしき茶房 桜花

b0133939_19560183.jpg
オープンしてから
ひと月ほどたったころ

妹と訪れた

b0133939_19565340.jpg
突出しで運ばれた
さくら茶は
ほんのり花香る味




b0133939_19592781.jpg
パンケーキは抹茶のを頼んだけれど
いち押しの
小豆をドバーっとかけて食べるパンケーキも絶品で
を妹とわけわけして食べた






b0133939_20012612.jpg
ブレンド茶も種類があって
百花繚乱は爽やかな酸味の後の
まろやかな香り
そんな風味





b0133939_20051957.jpg
どらやきのパッケージがおしゃれ


実は
店主が知り合いで
その日もたまたま店で会うことができた

お店で出すものは
すべて
こだわり抜いて選んだ材料で
店主はもともとあんこのスペシャリスト

あんこフリークの私にとっては
天国のような場所で、、、

長々と話をして
ゆったりと過ごして
おいとま

メニューはほかにもあって

珈琲はオリジナルブレンドでフレンチプレス
すっきりとしていてまろやか

豆乳スムージーもおいしい

きわめつけは

みたらしだんご

店で食べて
おもちかえりもした


メニューを全制覇するには
何度も通わないといけないけれど

何度でも通いたいお店
だとおもう



しあわせなひとときを過ごしに
近いうちに
またいこう



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くらしき茶房 桜花(おうか)
倉敷市酒津2429
086-441-8713
10時半から17時半迄。不定休 。

by michel-nano | 2014-04-19 20:00

指定席

b0133939_23164221.jpg

壁と向き合って
珈琲を飲む

だいたい
いつも

この席が
空いていて

だいたい
いつも

一人で
この席につく


あの人に
似た顔を見つけて

数年ぶりに
胸が
すこし高鳴って

でも

もう会えないので



踊る心臓をなだめつつ

珈琲をひと口
含み

本を開く
by michel-nano | 2013-08-02 08:00 | 不透明な静物