全知全能とは程遠いけれど

b0133939_12270312.jpg
「なんにもいらないや」


そう思って

そう思うのは
全部
この手の中に
あるからだと気づく


例えば
青信号を
左に曲がって
あおくて寒々しい空が
目に飛び込んで来た
昼下がりとか


粉雪の舞う中で
近くの山のどこからか
うぐいすの声が聞こえた
朝とか


貴方のことや
貴方との思い出を
この人には
絶対言えないなと思う
夜のはじめとか


それから

遠く 遠くで
月のように息をする
貴女の脈を
まぶたの裏に感じながら

細く歌う
夜の終わり頃とかに








by michel-nano | 2016-01-25 20:32 |
<< 傷 ずっと >>