椿

b0133939_14255901.jpg
少し
ぼーっとしたくて

庭に出た

もう
そろそろ
花どきを終えて

静かに
枯れてゆく庭の中で

いくつか
これから
咲こうとしているものが―



陽の光はあたたかく
陰ると
急に寒い

歩きながら
空が
明るくなったり
暗くなったりを
くりかえすのを

明度と温度が
ゆらゆらと変化するのを
楽しんで

玄関の傍に立つ
椿の前に
たどり着いた


葉が「ふ入り」で気に入っている
その木の下には
うすいピンクの花が
ふたつ みっつ落ちていて

首から落ちていて

でも
生き生きとしていて

美しい


枝の下で
ひとつだけ
うつむいて
地面を見つめる花を

短く切って
家に持って入った

家の中では
光の方に
顔を向けてやった


私の
その
偽善や欺瞞を

この花は

笑っているだろうか

それとも
おののいているだろうか







[PR]
by michel-nano | 2015-11-29 15:42 |
<< 明るい雨 泣き空 >>